株式会社SMILEKIDS GROUP

遊びから学び夢を育む

jetman

DJリトミックとは
DJリトミックとは、「DJ」と「リトミック(※)」を融合した新感覚のリズム身体遊びです。
DJ機材を使用し音楽に触れ音に反応して体で表現する。音楽に不正解はないから、「失敗したらどうしよう…。」、「間違ったらやだな…。」そんなストレスを感じることなく、リラックスして自分の「感性」や「感覚」で思う存分に表現することが出来ます。DJリトミックでは、子どもを否定するような言葉は一切使いません。音楽遊びをしながら子どもの自主性や主体性を尊重し、褒めたりアドバイスすることで子どもたちの秘めた可能性を引き出します。
子どもたちの将来とって最も重要なことは、集中力であったり、思考力、判断力、記憶力、創造力、表現力など、人間が社会生活をしていくために最低必要な力であり、誰もが潜在的に持っている基本的で潜在的な能力を養うことであると考えます。
※リトミック(rhythmics)とは、音楽を使って子供の心身、感覚、感性、音楽の基礎などを育む知育・教育法です。スイスの音楽教育家・作曲家エミール・ジャック=ダルクローズが、音楽の音やリズムに対する人の反応に注目して考えだしたものです。ヨーロッパ諸国では、創造的な人を育てる教育法として、多くの国々で取り入れられています。

DJリトミックの目的
DJリトミックでは、サッカー教室、ピアノ教室といった従来からある習い事のようにそれ自体の技術を磨くのではなく、音楽を使って、子どもの人格が豊かに形成するために必要な基本的で潜在的な能力を伸ばし優れた子どもたちの育成を目指し活動しています。たくさんの人々が存在する空間で、DJ機材を使用しジャンルに捉われることなく様々な音楽を流すことで、音を聴き、先生の動きをみながら一緒になってふれあい、視覚、聴覚、触覚、という多種類の感覚機能を刺激することができます。また、子どもの運動だけでなく、親御さんにとっては、専門的な知識を持った先生と一緒に触れ合うことで、親しみを持っていただき、育児のヒントであったり、知らず知らずに溜まっているストレスを発散できるような場を作っていけるよう取り組んでおります。

大事な時期に音楽に触れ五感を刺激
『一生に1度しかこないプレ・ゴールデンエイジ』この時期の子どもたちは、集中力が長続きせず、常に新しいものに興味が移っていくといった特徴をもっています。これは、神経回路にさまざまな刺激を与え、その回路をさらに張りめぐらせ、神経系の配線をより多様に形成していこうとする、自然な欲求の現われです。集中力がないのでなく、非常に高い集中力を持ちながらも、常に多種多様な刺激を身体が求めているのです。子どもたちのこのような集中力を利用し、飽きさせないで楽しませるためには、多彩な身体運動を含む『遊び』を与えていくことが1つのポイントです。鬼ごっこや、木登り、ボールを使ったさまざまな遊び、それらの動き一つ一つが、後になって貴重なものとなって身体の中に刻まれていきます。
神経系統は生まれてから5歳ころまでに80%の成長を遂げ12歳でほぼ100%になります。この時期に、神経回路にさまざまな刺激を与え、その回路を張り巡らせること、すなわち、多種多様な動きを経験させることは、とても大切なことなのです。この時期は多種多様な動きを含むさまざまな動きを経験させることが大切です。スポーツの基礎づくりが多面的であればあるほど、後に専門的なスポーツを行った時に覚えるのがはやいと言われています。一生に1度しかないこの時期をストレス無く自然と音楽に触れ五感を刺激させ、より多く子供達が音楽に触れる環境を充実させる取り組みが必要です。

 

jetmanアーシャ

DJ JETMAN
保育園園長MASARI先生と幼児体育教師DJ THEのユニット。
2014年の3月にDJ JETMANを結成しDJリトミックの活動を開始。
地元御殿場を軸に公民館や競技場、GREENROOMFESTIVALやSUMMERSO
NIC等の野外フェスでDJリトミックを展開中。得意技は「ダブルヨッシャー」

 

その他、過去の展開実績はコチラ

DJJETMANのDJリトミックに関するお問い合わせは、
下記フォームより受付ております。





お名前 (必須)

フリガナ

年齢

住所

連絡先メールアドレス (必須)

携帯番号 (必須)

項目

内容

KIDSAREA PRODUSE

KIDSAREA PRODUSE

 KIDSAREA 事業では、子育て支援を軸としながら、全国で開催されている音楽 FESTIVAL や企業セミナー、後援会、ママサー クル、レジャー施設での子ども向けプログラム導入などのイベントで子ども達が夢中になれる空間(遊び場)、「KIDS AREA」をプロデュースします。
6歳までに大人の神経の70%以上が形成される大事な時期を「即座の習得」といいます。そんな時期に子どもの五感を刺激出来る遊びを取り入れ、子ども達が何かをはじめるときのきっかけ、楽しさや、嬉しさ、悔しさを大切にすることが重要となります。小さな成功体験を重ねることで大きな夢へと育めるよう「生きる力」を養う場所を提供しております。
親子の触れ合い遊びや、子ども同士の関わり、大人同士の交流、様々な場面で国籍・年齢に関係なく、「こども=おとな」 平等に関わることで育児のきっかけ、ヒントづくりにも力を入れております。キッズエリアで、子ども達に関わるスタッ フは保育士であったり、学校の教員であったり、保育・看護・福祉の学生など、様々な分野で活躍をしている専門知識を 習得したスタッフです。そんなスタッフが遊びのリーダーとして、子どもひとりひとり、一瞬一瞬を大切に関わりながら 取り組んでおります。

KIDSエリア展開実績

SMILE FAMILY 募集

NURSERY

平成24年8月、日本の子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決する為に、「子ども・子育て支援法」という法律ができ ました。この法律と、関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進め ていく「子ども・子育て支援制度」が、平成27年4月に本格スタートし、当園でも新制度に伴い小規模認可保育施設を4 月から開園しました。また、4月同時に認可外保育施設とし幼児クラスも開園致しました。 小規模保育事業とは? 0-3歳未満児を対象とした、定員が6名以上19名以下の少人数で行う保育です。 1 人のスタッフが担当する子どもの数が少ないため手厚く子どもの発達に講じた質の高い保育を行うことができます。
SKFC SOCCER SCHOOL

SKFC SOCCER SCHOOL

2010年開校し、サッカーを楽しむをモットーに個人の能力を身に付けることを目標としたサッカースクールです。
3歳~15 歳の男女を対象としており、サッカー少年団やクラブチームに所属している選手も多数所属しています。
アルゼンチンの名門リーベル・プレートに所属していた岩田コーチを筆頭に、サッカー指導者のプロがスクール生の能力にあわせた指導を行います。生徒それぞれが上手い下手に関係なくサッカーの楽しみを発見できるよう全力で取り組んでおります。スクール体験を無料で行っておりますのでご連絡をお待ちしております。
DJ JETMANのDJリトミック

DJ JETMANのDJリトミック

DJリトミックとは  DJリトミックとは、「DJ」と「リトミック(※)」を融合した新感覚のリズム身体遊びです。  DJ機材を使用し音楽に触れ音に反応して体で表現する。音楽に不正解はないから、「失敗したらどうしよう...。」、「間違ったらやだな...。」そんなストレスを感じることなく、リラックスして自分の「感性」や「感覚」で思う存分に表現することが出来ます。DJリトミックでは、子どもを否定するような言葉は一切使いません。音楽遊びをしながら子どもの自主性や主体性を尊重し、褒めたりアドバイスすることで子どもたちの秘めた可能性を引き出します。  子どもたちの将来とって最も重要なことは、集中力であったり、思考力、判断力、記憶力、創造力、表現力など、人間が社会生活をしていくために最低必要な力であり、誰もが潜在的に持っている基本的で潜在的な能力を養うことであると考えます。

メディア掲載実績

メディア掲載実績をご紹介いたします。